経済産業省ガイドブックに「リリアムスポット®」が事例として掲載

2021年3月30日

経済産業省 医療・福祉機器産業室が、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)を通じ、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)より「セルフケアを支える機器・ソフトウェア開発の基礎知識 R2年度版」というガイドブックが作成されました。

詳細はこちら※外部サイトへリンクします

本ガイドブックでは、機器・ソフトウェア製品を開発する上での基礎知識として、事例の紹介、 医療機器に該当するかを左右するファクターのとらえ方、関連通知などが紹介されており、セルフケア関連ビジネスに新規参入する事業者にとって、機器・ソフトウェア開発、事業設計の参考になる情報がまとめられています。

リリアム大塚では、世界の人々の排泄自立に貢献するため、医療分野で使われている超音波技術を、介護領域で活用されることを意図して「リリアムスポット®」を開発しています。